聖セシリア小学校

2021/06/04 校長ブログ

   先月の4年生の国語は漢字辞典の使い方の学びでした。子どもたちは音訓索引、部首索引、総画索引による漢字の探し方ができるようになりました。仕上げに自分の名前を調べて、どのような意味があるかを発表してもらいました。ひとりの男の子は自分の名前の「輔」には「たすける」意味があることを見つけ、「そうなんだ」とうれしそうな顔をしていました。「?」が「!」に変わった瞬間です。名前には名付けた方の思いが込められていることを知りました。

  「世の中にクエスチョンと感嘆符と両方あったらなんにもいらんのじゃないでしょうか。生きがいっていうものはそういうもんじゃないでしょうか。」とは、104歳で亡くなられた詩人まどみちお氏100歳の時の言葉です。まどさんは「ぞうさん」「やぎさんゆうびん」などを作詩した日本を代表する詩人です。

   子どもは好奇心旺盛です。日々の生活や授業の中で、「?」から「!」に至る過程の学びと「?」が「!」に変わる発見の経験は大切です。それは子どもたちの喜びと成長につながるからです。さらに数ある私たちの喜びの中でも大きな位置にある喜びであるからです。

Dsc_4309 Dsc_43122

Dsc_4296 Dsc_4299 

<<前の記事 次の記事>>


> トップページへ戻る