聖セシリア小学校

2021/06/29 熱中症対策

小学校のビオトープでは、今年生まれたメダカも大きく成長し、羽化したトンボも見られるようになりました。梅雨明け前ですが、この時期、天気が良くなると気温とともに湿度も高くなり、熱中症にかかるリスクも高くなります。本校では、校庭で遊ぶ際、距離を取ってマスクを外すことやこまめな水分補給などの指導とともに、暑さ指数測定器を校庭に設置し、外遊びの目安にしています。

Dsc_4978 Dsc_4984

Dsc_4967 Dsc_4974

<<前の記事 次の記事>>


> トップページへ戻る